-

一定期間更新がないため広告を表示しています





犬猫ペット用品ドットコム Topへ

ドッグフードの本

本の内容
病気がちのイヌ、気性が荒いイヌ、体臭が強いイヌに悩んでいませんか?粗悪なペット・フードの過食、運動不足が原因のそんな症状は、西洋医学ではなかなか治せません。
全国一千万の愛犬家に送る手作りレシピ集。

粗悪なペット・フードの過食、運動不足が原因の様々な病気は西洋医学ではなかなか治せません。食事を改善することで病気知らずのイヌに育てる方法を、実際の治療例を交えながら具体的に教えます。

著者 須崎恭彦
人を含めて動物の健康に関心がある全ての方に、読んでいただきたい本です。  この本は単なるレシピ本ではありません。
 
私が食事について深く考えるようになったきっかけや、試行錯誤してきた経験などを、読みやすくまとめてみました。

手作り食のすすめ」というよりは、動物の健康についてもっと考えるきっかけになって欲しいと思って書きました。
 
人を含めて動物の健康に関心がある全ての皆さんに、一度ぜひ、目を通していただきたいと思っています。
 
もちろん、簡単にはじめられるレシピも載せてありますので、手作り食をはじめようと思われる方には、即、役立つ本です。

著者略歴
須崎 恭彦
獣医師、獣医学博士。須崎動物病院院長。1969年生まれ。
東京農工大学農学部獣医学科卒業。岐阜大学大学院連合獣医学研究科修了。
現在、東京都八王子市にて往診専門の動物病院を開設し、食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。

獣医師の他にもストレス・コントロールのインストラクター資格なども持っており、往診先ではペットのみならず、飼い主さんからの相談を受けることも多い。

【目次】
第1章 ドッグフードのメリットとデメリット
第2章 理想的な動物医療を探して
第3章 かんたんで経済的!ドッグおじやの作り方
第4章 愛犬を元気にする食材事典
第5章 手当てとマッサージ
第6章 食事で難病を克服!ワンちゃんたちの物語
第7章 症状別レシピ集

一昨年、耳血腫になって頭は包帯でぐるぐる巻き、エリザベスカラーをつけて…夏の暑い時期にほんとうにかわいそうでした。
3週間で治るということで動物病院に通い続けましたが、3か月経っても治りません。

あれが良いこれが良いという情報を仕入れては、ハーブやサプリメント、アガリスクまで飲ませましたが効果がありませんでした。

そのときにこの本に出会い、玄米クリームのごはんを与えたところ、みるみる1週間で耳の熱が下がっていって、腫れもひいてきました。おかげさまで、今はとっても元気です。

かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食




犬猫ペット用品ドットコム Topへ